鉄道模型は奥深くて費用がかかり大人の趣味

鉄道模型は費用のかかる奥深い大人の趣味

鉄道模型の趣味はとても費用がかかり、大人の趣味と言えます。周囲から見れば玩具のように感じてしまいますが、こだわってしまうとレイアウト製作や建物工作まで一つ一つ完成させるのにもかなりの時間がかかります。大人向けに作られている鉄道模型なので、プラモデルのようには簡単にできないのも醍醐味の一つです。

様々な楽しみ方のある鉄道模型ですが、ジオラマを作るのは一つの目標になります。情景を楽しんだり、動画を撮ったりして実際に自分が乗車している気分を味わう事もできます。夜景一つにしても、照明の当て方で雰囲気が随分変わってきます。模型とは思えない程の完成度になれば、今までかけてきた時間も報われたような気がします。

車両を揃えるにもかなりの費用がかかり、作業する部屋も必要になってきます。自分専用の部屋で黙々と作業をする事で、日頃のストレスも発散できたりします。

鉄道模型は、工夫次第で好きな風景を作れて自分だけの世界に入っていけます。実際の鉄道を追いかけるとなると時間も体力も必要になってきますが、鉄道模型なら自分の好きな時間に思う存分楽しめるという魅力もあります。鉄橋やビル、植物など様々なジオラマがリアルであると満足感も増してもっと再現したいという気持ちになってきます。

引退した車種の模型も存在しているので、今ではない風景を再現できるという楽しみもあります。国鉄や私鉄など、好きな会社の車種を一緒のレールで走らせるというのも自分だけにしかできません。

大人の趣味は費用がかかる